« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月の2件の記事

バイク修理(ハンドル交換)をして気を紛らわす?

Photo_5形状を比較したが・・・ほぼ同一。
しかしジップは素材が硬く薄く軽い(約40g)。

大丈夫なのか??


Photo_6ステムから外すと明らかに割れています。
手で捻るとミシミシと鳴るのでかなり危険な状態でした。


Photo_7並べてみるとセンターがずれているのは明らかでした。


Photo_8当たり前ですがセンターはピッタリでした。


Photo_9メーカー品はしっかり締付トルクが表示してあります。
しかもセンター部分は滑り止め加工。

トルクレンチを使って軽めにセットしたら思った以上に固定力が強く安心。

Photo_10安物(3,900円)にはバーコードがあり・・・読み込んだがエラー表示(笑)。
普通に購入したら20,000円を下回らない品物ですから、これはあまりにも安すぎる?


Photo_11今回はちょっと寸足らずのブレーキワイヤーを更新。
安い中華製をチョイス。
このメーカーは通勤バイクで使用していて問題ないのを確認済み。

まずはアウターワイヤーをセットして、インナーワイヤーにはグリスを塗布してから。
前回のハンドル交換時はワイヤーを更新していないのでかなりくたびれていた。

Photo_12TTブレーキレバーを付けて、ブレーキワイヤーを取り回し(ハンドルバー内臓でリヤはフレームにも内臓)、調整してからDHバーを取り付け。
取付前にバーを長さ調整(カット)しておきました。
こちらもトルクレンチ使って軽めに締付、しっかり固定されました。
シフトワイヤーはDi2なので楽ちんでした。


Photo_13

バーテープは再利用。
完成しました♪

やはり一流メーカー品は品質高いですね!
一応、展示品(中古品)でしたがかなりお安く入手できて良かったです。

ついでだったので、通勤バイクもブレーキシュー交換。
雨天時の効きがあまりにも酷いので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロークンハート症候群

北海道トライアスロン大会をすっぽかして3週間が経ちました。

とんでもない理由で不参加となった平成最後(このフレーズ、大嫌いですがあえて)のレース。


「大会開催日の間違い」




だれの責任でもなく、自身の思い込みが生んだ奇跡の現象。

しかも半年以上も間違った思い込みで、いつものように要綱を穴が開くほど読み込んでいたのにもかかわらず「開催日」を見ていないという大失態。

仕事中に、知人のfacebookをチラ見して「えっ、なんで大会やってんねん?」と思い、ネット検索したら・・・大会開催日が当日だったという。

それからというもの何も手が付かず・・・「傷心と失意」で体調までが不良に陥り、これっていわゆる「ブロークンハート症候群」ですな?


色々と言い訳を考えたけど、明確な回答など出るはずもなく。

① 今年、更新したブルホーンハンドルが割れてバイクが使えない→出ていたらバイクの下りでハンドル割れて大転倒し大怪我していた。

② ふるさと納税による参加権利を獲得したため被害額が少なくて済んだ。

ということで納得したつもり?

一応、来年は頑張ろうと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »