« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の9件の記事

本格的に治療が必要?

一昨日は西野をスタートして朝里峠を経由して西野に戻る95kmのバイクライド。
昨日は早朝からバイク&ランの超ショートコンビネーション練習。

どちらも傷めている右ハムストリングが筋痙攣してまともに練習ができませんでした!

特に一昨日は峠の登りで脚が動かなくなり、バイクを降りて休憩&ストレッチをするほど厳しい状態に陥りました。
バイクの登りでバイクを止めて降りるなんて…2年前の皆生大会を思い出しました!
あの時は完全に脱水状態で体のあちこちが痙攣して登りでクランクが止まり転倒しました(笑)!

昨日はバイク&ランのラスト3本目のランでハムストリングが痙攣して、脚を引き摺りながらのゴールとなりました。
その後、スイミングスクールで泳ぎましたが…痙攣するのが怖くて、思い切りは泳げませんでした。

午後からいつもの鍼灸マッサージに行ってかろうじて今日は普通に動けるまで回復しましたが…競技を続けるのであれば、この故障は完治しておかなければならないなと痛感しました!

この故障は、今年の2月くらいに筋トレ(レッグカール)中にハムストリングを痙攣させたのが発端ですから…既に半年以上のお付き合いとなりました。
基本的には大腿四頭筋に比べるとかなりパワーが不足している感じがあり、強化したいと部位ではあるのですけど、無理をすると痙攣しやすいところでもありじれったいと感じています!

とりあえずは知人の伝で、本格的に治療を開始することになりそうですが…うまいこと完治するのでしょうか?

期待と不安が入り交じりますが、完治してくれることを祈っております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイアンマンジャパン感想 4(スイム編)

Dsc_00012


お待たせいたしました!
ついにスイム編の登場です。
トライアスロン3競技の中で一番の苦手種目ですが・・・なにか?

であるが故に・・・スタート前はかなり緊張します。
しかも、3.8kmという距離は未知の世界。
オロロン大会は2km、皆生大会は3kmしかないのでかなり不安です。

目標は1時間30分。
スタートから混乱を避けてマイペースに泳ぎ切るのが作戦。

普段は先頭からスタートして大混乱の中で体力を消耗し、800m以降は完全にペースダウンするようなことが多く、いわゆる「大人のレースペース」で最後までイーブンペースで泳ぐことが最大の目標です。

ウェーブスタートは初めての経験でしたが、混雑しないでスタートできる素晴らしいシステムですね!

第4スタートの自分は前から2列目を陣取りましたが・・・スタート時のマイエリア(空間)が広くてびっくりしました。
普段なら前の人の背中に振れる位詰めて並ぶのですが、手足を伸ばして浮いていても周囲には触れることもない状態でのスタートは快適です。

泳ぎ始めて感じたのは噂通りのコースの見づらさ。
普段ならコースブイを右に見ながらヘッドアップして泳ぐのですが、コースブイがほとんどないためヘッドアップせずに前を泳ぐ選手を水中で見ながらす進むことが多かったです。
ヘッドアップしない分、速く泳げるのは良いのですが・・・かなりジグザグに泳いでいたように感じます。

さて、最初の1辺はなんと1kmもあります。
この1辺の中間あたり位でしょうか・・・恐れていた「喘息症状」が現れます。
呼気時にかすかに喘鳴が聞かれます。
たぶん、心拍数が上がり過ぎなんだと判断してペースを落とします。
するとしばらくすると症状は改善されました。
ペースダウンはちょっと悔しいですが、「大人の・・・」ですから仕方ありません(笑)。

次の1辺はかなり短いですが、第5スタートの女子エリート選手や駅伝選手に抜かれたりします。
3辺目はまた少し距離がありますし、ちょっと変な波があり・・・呼吸を失敗してかなり水を飲みました。

これで1周が終了。
一度上陸し、折り返すのですが・・・ここは見せ場ですから足の裏が痛いけど走り抜けました!

ちらっと時計をみたら・・・45分。
単純計算でイーブンペースで泳げば、1時間30分。
しかも、2周目は3分の2の距離ですから、とりあえず目標の1時間30分は間違いなくクリアできそう?

ホントはガッツポーズでもしたいくらいの場面でしたが、ここは大人の対応で冷静を装うことにしました(笑)。

体力的には全然疲労感はなくて、イーブンペースで及び切る自信はあったのですが・・・2周目はちょっと混雑していたように感じまして、抜いたり、抜かされたりが多々ありました。

2周目はかなり短く感じられ、第1コーナーを曲がれば後はゴールを目指し一直線に泳ぐだけ。

ゴールのスロープではちょっとバランスを崩して手を付きながら這い上がりましたが・・・時計を見ると1時間20分。
これで10分のゆとりを持って競技ができると思うと心に大きなゆとりを得た気がします。
心のなかでは大きなガッツポーズをとりながらトランジットエリアまで小走りで向かいました。

結果

スイム 3.8km

タイム 1:20:34

順位 500位

AVHR 150bpm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイアンマンジャパン感想 3(バイク編)

アイアンマン完走の感想、その3はバイク編にしました♪
またしても前回からかなり間が空いてしまいましたが、今年はもう何にもないのでまだまだ引っ張りますよ!(笑)

Received_m_mid_1409028631211_875d6


まずは結果から・・・

・バイク 180.2kmn
・タイム 6:15:16
・順位 194位

ちなみに、HRMのデータは・・・

・175.3km
・6:09:44
・HR A147bpm/M172bpm
・SP A28.4㎞/h/M67.6㎞/h
・CD A75rpm/M116rpm

でした。

目標は・・・

・7時間切り
・HRはアベレージで150bpm
・とにかく飛ばさずスペード控えめで、最後の登坂2本だけ頑張ろう!

とにかく、大人のレースペースってのが一番の課題です(笑)!

では内容に入ります。
まずはトランジッションですが、スイムを終えて時計を確認したら・・・1時間20分。
目標を10分ほど早く上がることができました。
いつもなら目の色を変えて突っ走るトランジッションですが、ここも大人の対応。
がしかし、トランジットバッグをピックアップして更衣室を覗くととんでもない状態・・・。
基本的に更衣室は使った経験がないのでどうしてよいのやら???
諦めて更衣室の外でウエットスーツを脱いで、ヘルメットをかぶり、バイクシューズを履きました。
サングラスにグローブを装着、そしてアミノバイタルと塩タブレットをトライスーツのポケットに押し込み、スイムグッズをトランジットバッグに詰め込んで回収BOXに放り込む。
ドロドロのトランジッションエリアをバイクシューズのまま走るのは至難の業ですが・・・構わず突っ走る!
バイクをピックアップしてからバイクスタートまでまたしても走りますが、ここでデシクロ店長と遭遇・・・スイムスタートが3分後のはずなのに追いつかれちゃいました!!
デシクロ店長、トイレに向かったようなのでお先にスタート。
バイクスタートではクリートに泥が入りステップインできないのではないかと心配でしたが、問題なしでした・・・さすがはスピードプレイペダルですね!
バイク上で体調を確認、どこも異常なくHRは130前後。
良い感じでした。
走り始めて1km辺りでサドル後ろのドリンクボトルを落としました。
心配していたのですが・・・戻って拾うほどの必要性は感じません。
落としたボトルの中身はトップスピードウルトラミネラルタブレットを溶かした500mlの水。
この辺はまた「補給食編」で詳しく書き込みます。
洞爺湖周辺を離れ最初の難関、3kmほどの登坂を登る最中にスタート時に見かけたデシクロ店長にかわされます。
余裕があったので十分ついて行ける速度でしたが・・・ん、大人の?
付いて行くのやめました(笑)!
その後も大人のレース展開を続け、自分でも感心するスローペース(HR140前後)ですが他の選手を追い抜くような状態でした。
80km地点くらいのちょっとした下り坂で後輪が何かを踏み、20cm位横っ跳び・・・ガツンという衝撃があり、「やっちまった!」とパンクを覚悟。
それ以上に心配になったのはスポーク切れ・・・第19回オロロンライントライアスロンの70km地点でスポーク切れでリタイヤしたことがあって、その記憶が甦ります。
走りながらですが、パンクやリム振れを何度も確認。
「お願いだ!無事でいてくれ!」と叫びながら走っていました。
しばらくしても異常は現れず、胸をなでおろしました。
大会直前のバイク整備でホイールの振れ取りと新品タイヤへの交換を行っていて本当に良かったと心底思いました。
その後、90km辺りでまたしてもデシクロテント店長を発見?
この時点で半分の距離を2時間50分ほどで走り、「あれ、もしかして6時間で走れちゃうか??」なんて良からぬ想像をしてました。
抜いたり抜かれたりしていましたが、130km辺りで右ハムストリングに違和感を感じてペースダウン。
スペシャルエイドで用意した補給食を受け取り、我慢していた用足しもしました。
ここでちょっとストレッチして休憩したらハムストリングの違和感は解消。
調子良く走りだしました。
最後の2つの登坂で頑張るのが作戦でしたが・・・見逃してしまったようで?
最後の登坂に入ってから「あれれ?これ最後の登坂じゃん。」・・・どこに登坂があった?
ちょっと拍子抜けでしたがとりあえず最後の登坂を普段通りガシガシと登りました。
ところが、そのあとの下りで事件が発生・・・回復したはずの右ハムストリングが痙攣。
足を止めるとやばい感じだし、かといって踏み込むとこれまたやばい感じ?
下るスピードに合わせて足を動かしている状態が続きました。
で、洞爺湖湖畔に帰ってきてからの30kmほどはほぼ平坦でスピードが出せる部分だと思っていましたが・・・痙攣が怖くてまったくもってスピード出せず。
一人、また一人と抜かされてしまいます。
実はなんだかんだ言ってこの最後の15kmくらいが一番つらい場所でした。
無事にゴール、予定バイクゴールより45分ほど早く到着してちょっとテンション上げ上げですが、右ハムストリングは相変わらず危険な状態。

今年は1年以上のブランクからの復活ということもあり、バイク練習に重点を置いて練習を組み立ててきたので「バイクだけは大丈夫でしょ?」と思っていただけに、この快走はかなり気持ちよく感じました。
そして「大人のレース展開」を目標としていたのですが、見事につぶれないで180kmを走り切れたことは大きな収穫になりました。

ということで、バイク編はこの辺で終了です。
スイム編、準備編の他、補給食編、振り返り編(笑)もありそうです。
まだまだ続きそうなのでお見逃しなく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まるで漫画のような出来事

まるで漫画のような出来事
職場の先輩と美唄焼き鳥を食べにサイクリング…。
清田区を出発して60kmを約3時間かけて到着したら…なんと定休日の看板。
事前に確認してから行けよって話ですが、ネットでは年中無休みたいな事が書かれていたのでついつい騙されました。
仕方なく近くの温泉施設にも焼き鳥が食べられる場所があるのを思い出し、移動を開始した直後からゲリラ豪雨が…。
ずぶ濡れ状態で温泉施設に到着して昼食を頂いているうちに天候も回復して、風向きまで変更。
往路は追い風で帰りが恐ろしいと思っていましたが、思いの外、苦労せずに帰る事ができました。
途中、遅れた先輩を迎えに行くなどして結局は137km以上も走りましたがダメージはほぼない感じです。
ただし、通勤チャリで行ったので…DHバーがなくて、腕は筋肉痛になりました(笑)?
勤務明けに直行して帰宅したのは7時過ぎ。
本日も勤務…みたいな(笑)?
疲れますわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

美唄焼鳥ツアー

明日は職場の先輩と美唄(往復で120km)まで焼き鳥を食べにサイクリングです♪
たつみのもつが最高に旨い!
天気が心配ですが…楽しみです!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目標を高く設定する癖

本日の駅伝、早朝に連絡があり・・・メンバー2名が欠場。
おかげで3kmの予定が7km(アンカー)になりました。
目標設定は、30分を切ること。
結果は・・・32分で、撃沈です(笑)♪

基本的に目標設定が半端なく高すぎるのは悪い癖です。
今回のアイアンマンジャパンのゆるゆる設定、実は大正解でした。
いつも設定が厳しすぎてやる気をなくすので・・・・。
今回も折り返しまで16分。
帰りは下り基調なので頑張ってみたものの、向い風厳しくラスト2kmで諦めムード。
これで目標を32分切りにしていれば、ラスト2kmをもう少し頑張れた気もします。

7kmのランも厳しかったけど・・・往復の550kmの運転が一番疲れたかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第17回全道市役所交流駅伝大会

明日は「なよろ健康の森」において表題大会があります。
自分は2区3kmを担当することになりました。
ロングトライアスロンとはちょっと趣向がかけ離れた種目ですが、一応は全力で頑張ります!
自分以外は20歳代の若手選手ですが、負けずに走ります!!
往復の運転手なので、それだけでぐったりしそうです(笑)?
3kmしか走らないのにトータル約11時間掛けて出かけます。
明日は6時30分頃には出発ですので準備して寝ます!!

目標は…12分切りかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイアンマンジャパン感想 2 (ラン編)

Xx

なんだかかなり時間がかかってしまいましたね?(笑)
アイアンマン完走の感想、その2ですが…またしても順不同ですみません!
総集編に続いてはなんとラン編です♪
この手の記事は普通はスイムからってのが普通なんでしょうが…へそ曲がりなわたくしとしてはやはり一番苦しんだランから書いてみました。

まずはトランジットから…

長年、トライアスロンをしてきましたが…更衣室を使うのは初めての経験(この日のスイム→バイクのトランジットはあまりの混雑ぶりに屋外で実施)かもしれません。
しかもベンチに腰掛けて実施するなんて…自分を知っている人間からしたら信じられない風景かもしれません。
泥々のバイクシューズを脱いで、新品のザムストの靴下(ゼビオに赤のMサイズがなくて諦めていましたが…かみさんが探して購入して来てくれました!)を履きます。
ランシューズは今年、購入したOnではなくてニュートンを選択…長い距離ならこちらの方が使いなれていたので安心を選択しました。
サンバイザーを被り、補給食(もちろん森永ミルクをそのまま2本、デソトの大腿ポケットに…更にアミノバイタルと塩タブレットを腰ポケットに…)を詰め込みました。
走り初めてすぐに右のハムストリングの不調を感じます。
バイクラストの登り後、なんと下りの脚を休めていた際に攣ってしまった右ハムストリングが尾を引いています。
それでもスピードは遅いものの気持ちだけで前には進めました。
そのうち回復するだろうとしばらく我慢し続けましたが、段々と悪化してハムストリングに痛みを感じるようになりました。
10kmを過ぎても回復する兆しがみられず、どこかで寝転がりストレッチをしたいと考えていましたが…コースが狭くスペースが探せませんでした。
それ以降、歩きながらハムストリングをセルフマッサージしてみたりガードレールに脚を掛けて伸ばしてみたりしましたがまったく効果を感じることができず、途方にくれていたが…「ん?まさかこいつが悪さしているか?」と右ハムストリングに貼っていたキネシオテープが気になるのだが?
しかしこの右ハムストリングは1月の筋トレの際に違和感を覚えてから回復することなく引きずってきたもので、キネシオテープの補強がなければ最後まで走りきれないのではないかという不安から前日に貼り付けたもので、剥がしたら一貫の終わりかもしれない?
そう考えると怖くて剥がせなかった。
そうこう悩んでいるうちに、これまた4月にバイクで痛めていた右坐骨神経痛(臀部)の症状まで現れ始めるといよいよもってペースダウン。
15km辺りで知り合いのトライアスリート(この方Drです)に痙攣止めの漢方薬を頂き服用するも解決の糸口は見つからず。
この時点でなんと3時間近くも要したのには精神的ダメージが…「このままならランは6時間か?」で、どうにもならず意を決してキネシオテープを剥がしたのはなんと18km過ぎ。

「なんだょ…走れるじゃん!」
ハムストリングのテープだけでなく大臀筋に貼っていたキネシオテープも無理やり(デソトのワンピースのフロントチャックを全開にして腕を無理やり突っ込み引っ張ります!)剥がして超スッキリ!!

1周目の終わりには友人夫婦が我が家のワンコを連れて応援に来てくれたのも力になりましたが…当のワンコどもは私の姿など見向きせずに無視?
むしろ友人夫婦が飼っているワンコが私に向かって大声援?したのには苦笑い。薄情な我が娘たちだと思いながらも調子良く走り抜けました。
23kmくらいでスペシャルをピックアップ。
「ジョージア ミルクコーヒー(500ml)」をきっちり飲みきり元気100倍?
糖質と資質にカフェインまで入った自分オリジナルのスペシャルドリンク(笑)。
その後はものの見事に回復してしまい…2周目は2時間を切る快走!
おかげてトータル目標の13時間をなんとかクリアしてゴールすることができたのでした!

追加情報

ランデータ(42.2km)

タイム 5:00:45
順位 585位 

HRMデータ

AVHR 134bpm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

走るか…

土曜日、職場対抗駅伝なので…ダッシュ数本ですが頑張って来ます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »