« アルテグラDi2導入! | トップページ | アルテグラDi2取付作業(その2) »

アルテグラDi2取付作業

20140226_194316

久しぶりに作業台を出してきました。

と、その前に・・・

Gedc0207

店長に指摘を受けたホイールのセンター出し。

激安工具のセンターゲージは強度不足のため正確に測定できない。

おかげで練習用も決戦用もセンターがずれてました。

カセットスプロケット(12-25)も装着。

Gedc0208

BB取付前に綺麗にしました。

Gedc0209

BBの取付は誠に楽になりましたね・・・。

以前は絞めあわせによる調整が必要でしたが、今となっては素人でも簡単に取付できます。しかも、オクタリンクから替えるとかなりの軽量化が実現できます!

Gedc0210

クランクも取り付け簡単で軽量です!

Gedc0212

フロントディレーラー。

付も簡単ですし、取付後にイモネジで微調整する方式なので素人にも可能。

Gedc0213

リアディレーラー。

これは昔から同じ・・・ネジ1本で取り付け可能。

Gedc0214

続いてデュアルコントロールレバー、シフトスイッチも取り付けました。

Gedc0215

バッテリーを含むエレクトロケーブルを配線。

まあ、ものの見事にディレーラーを作動します。

すぐにでも実走したくなる・・・(笑)!

ブレーキも取り付けてブレーキワイヤーも取り回しました。

この後はちょっと用事がありまして・・・本日の作業はここまで。

明日はチェーン取付とシフター調整。

エレクトロケーブルの収めと、バーテープ巻き、ペダルを付けたら完成です。

問題点も少し・・・

ジャンクションAは本来はステムの下に取り付けるのですが、ステムが短すぎて取付できなかったので・・・ステム上に装着。

おかげで同場所に付けていたスピードメーター(ポラール製)は別の場所を探さなくてなりません。

続いてジャンクションBですが、これは本来はBB下にネジ止めするのですが・・・自分のフレームはワイヤー内臓式でBB下にネジ穴が存在しません。

仕方がないので強力両面テープで貼り付けちゃいましたが、これで大丈夫か???

場合によってはドリルとタップでネジ穴開けることも考えていますが、シマノにそれなりの対応策がないかどうか確かめてみます。

そんなわけで、意外とあっさり完成できそうです。

完成したらまた店長のところに点検に出します。

それにしても・・・昔に比べるとどの作業も簡単で、素人にもできてしまうのかなぁ~?

と少しさびしい気もします(笑)。

|

« アルテグラDi2導入! | トップページ | アルテグラDi2取付作業(その2) »

コメント

弊店は最高品質のNランクのスーパーコピー時計
ウブロ、オーデマピゲコピーを取扱っています。オーデマピゲコピー、ウブロコピー等は全国送料無料、
業界NO.1レプリカ時計販売店。

投稿: スーパーコピーヴィトン | 2020年4月16日 (木) 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテグラDi2取付作業:

« アルテグラDi2導入! | トップページ | アルテグラDi2取付作業(その2) »