« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の5件の記事

アルテグラDi2導入!

20140225_191828_2

デ・シクロ・ペダリよりパーツを受領してきました。
足りない工具(BB取付・チェーンカッター)も含めて・・・。
アルテグラグレードでも高いですよね???
でも雑誌ではそれ以上のパフォーマンスが謳われています。
取付はなるべく自分でと考えています。
7700デュラエースに比べたら・・・かなり軽量化されそうですね(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バイクパーツ分解

アルテグラDi2を組むため・・・
7700デュラエースを外しました。

Gedc0136

フレームはTNi  6K カーボンT.Tフレーム
バーテープ離脱、ワイヤー4本離脱、チェーン離脱。
ブレーキ前後離脱、ディレーラー前後離脱、クランク離脱。
ブレーキレバー離脱、バーエンドシフター離脱。
BBは工具が不足して外せませんでした。
ワイヤー内臓フレームのため、離脱にはちょっとしたコツが必要(笑)?

外したパーツはオークション出品予定。

Gedc0134

先日のフリーハブ2本を含めて、他にも在庫しているパーツをすべて手放します。
アルテグラDi2の支払いに少しでも足しになることを期待して・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フリーハブ交換完了!

とりあえず・・・簡単な練習用のマビックMA3から。

Gedc0125

ホイールからタイヤとリムテープを離脱。

Gedc0126

ニップルレンチとマイナスドライバーでニップルを外せばこの通りバラバラ。
リアホイールはおちょこ組なので左右のスポークはサイズが違うので分けておきます。

Gedc0127

6本組で組みあがりました。

Gedc0128


おちょこにしてセンター出し。

Gedc0129

振れ取りして完成です!!
30gの軽量化となりました。

Gedc0130

ちょっと面倒なZIPPに着手・・・スプロケット外しから。
何が面倒って・・・ディープリムはニップルを外す時も取り付ける時も別スポークでサポートする必要があります。

Gedc0132
そして完成品。
やはりスポークの本数が少ないため、おちょこも振れ取りもちょっと手間取ります。
残念ながら10gの増量で840gとなりました。
軽量なスポークとアルミニップルなら軽量化できるのですが・・・耐久性に問題がありそうですし、このカラーはやめられません(笑)!

これで無事に2本のホイール組が完了です。
来週にはアルテグラDi2を組み込みます。
近々、デュラエース7700パーツは取り外して磨いてオークション出品します(笑)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

まずはホイール組み換えから・・・

アルテグラDi2のパーツがほぼそろいました。
まずはホイール組からですね!
なるべく安く上がるように考えましたが、フリーハブは11速に対応していないので交換になります。
ちなみに・・・フロントハブは経費節約の為、7700ハブのままです。

20140205_154931_2

なぜ2個あるか・・・それは練習用ホイールも11速対応にしておきたいから!

20140205_155153

練習用はメンテナンス性・耐久性を考慮して36H。
一方、レース用は軽量・空力の面から16H。
残念ながら16Hという設定は存在しないので・・・32Hを1H抜きで作ります。

20140205_155043

上が36Hで下が32Hです。20140205_165427

ちょっと心配していたエアロスポークでしたが・・・無事にノーマルホールを通過!

20140205_165523

ホイール組、3種神器(笑)!
しばらくは忙しいので、少しずつ手がけていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今月から…

ウォーキングを開始します!

ただし、筋トレとは組み合わせては実施しないようにします。

筋トレ終了後に有酸素運動すると脂肪燃焼が促進するのですが…筋トレの効果は阻害されてしまうからです!

なので、今月は…筋トレしない日にウォーキング(かなりのハイペース)をプラスいたします。

いきなり練習量を増やすとやる気を削がれるので、少しずつ増やして行きます。

来月は…久々にイトマンスイミングスクールに復活する予定です。

4月からの3ヶ月は「筋肉量増大」から「脂肪燃焼システムき構築」に目的を変更するので、有酸素運動に時間を費やすつもりですので…当然ながら通勤バイクもスタートです!

昨年、サボったツケはデカイですが…久し振りに計画的な練習を考えております(笑)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »