« 無駄足… | トップページ | 手を付けてみたものの・・・ »

今日の練習

今日はちょと遅いスタートとなったXCスキー。

10kmコースをだらだらと滑り終わらせてしまいました。

先日、引退宣言してしまったこともあり・・・色々考えながら滑りました。

「今もっている道具を全て売り払って手元にないほうがスッキリするよな・・・。」

「今シーズンが終われば冬にもスイム&バイク&ランの練習が思う存分できるな・・・。」

「スキーの練習は自分にとっては持久系競技じゃないんだよ・・・心拍が上がりすぎ!」

そんなことを考えながら滑っている横をしずかちゃんは颯爽と追い越して行きあっという間に姿が見えなくなった。

相変わらず速いですな・・・。

実は最近、練習しない症候群にかかってきたようである。

先日、仕事帰りに免許更新(今度は免許を忘れなかった!)に行ったんですが、その帰りは19kmほどランでと考えていました。ところが更新を終えて外に出てみると雪がちらほら・・・しかもかなりの寒さ。足は自然に地下鉄に向かい、結局はその後もバスに乗りランせずに帰宅してしまった。なにせ練習する計画は立てるけど実行しない事が多い。

これってかなりやばい病状だよね・・・。

興味のあることをクリックしてみてください。関係のあるブログをたくさん見つけることができますよ!また、にほんブログ村の人気ランキングにも参加しています。こちらを読んで気に入ってくれたらワンクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 車ブログ 車 カスタム・整備へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ

|
|

« 無駄足… | トップページ | 手を付けてみたものの・・・ »

XCスキー」カテゴリの記事

コメント

初めまして!りらっくま、めんこいですねー。っていきなり「10000人目」にかすってしまい、ビックリしました。(とある方から、ブログを紹介していただきました)

XCスキー引退宣言?!自分と年齢が変わらないのに・・・。
自分は今度が、ぶっつけ25kmデビューです。

そして今、初心者なのでワクワクするものの自分はあまりにも無知であることを痛感しています。
札幌国際まで何をすればいいのか?兵庫県在住のため、周りにやっている方もいません。情報が得にくくイメージがわきません。
スキーセットをレンタルするにも、ワックスのこと問われても分かりませんでした。歩くスキーとの違いも分かりません。

ぜひぜひ!XCスキーの心構えなり、道具なり、トレーニング方法なり、何か紹介して頂けると嬉しいです。貴重な経験を発信くださいませ。

投稿: trail_inspire | 2008年1月13日 (日) 19時44分

trail_inspireさん、はじめましてこんにちわ。
返答が遅くなりすみません。
札幌国際スキーマラソンに初参加との事・・・大歓迎いたしますよ!

さてさて、XCスキーについてですが以下のホームページをご覧頂くとかなり詳細な部分までお分かり頂けると思います。

http://www2.snowman.ne.jp/~nhomma/xcski/index.html

基本的には歩くスキーは滑走面の中央部にうろこ(滑り止め)があり、パラレル(2本の板を平行にそろえる)な状態で足を交互に前に出して進むものであり、登りもそのままで進めます。
これはXCスキーのクラシカルテクニックと呼ばれるものに似ていますが、クラシカルテクニックはより競技性が高く、滑走面にうろこはなく止めワックスという滑り止めを塗布しております。板自体もダブルベンドといって体重をかけることによって止めワックスが効く構造になっています。
それに対し、フリーテクニック(スケーティング)は滑走面全面に滑走ワックスを塗布し、板を逆ハの字にしてエッヂで雪面を捉えて進むものです。
最近の市民レースは基本的にクラシカルテクニックでもフリーテクニックでも参加できる大会がほとんどであり、札幌国際スキーマラソンも当然どちらでも参加可能です。
当然ですが、同じコースを走った場合はフリーテクニックの方がタイム的には有利ですし、市民レースでは8割以上の方がフリーテクニックを使っています。
また、クラシカルテクニックはメンテナンスを含めて技術習得に時間を要し我々市民レーサーにはなかなか手が出せません。

trail_inspireさんが今回の大会参加に対してどのようなものを望むかでかなり違ってきますが、競技性を求めるのであればフリーテクニックを、そうではなくただ楽しみたいのであれば歩くスキーを選択するのが良いのではないでしょうか?
なお、レンタルで利用できるのは多分歩くスキーだと思います。

また、大会に参加するにあたりスターティングポジションは非常に重要であり、初心者が歩くスキーで参加するのであればやはり最後尾から出発される事をお勧めします。
大会となればスタート時は大変込み合いますし、XCスキーは混雑した場面は非常に走りづらいです。

なんだか上手くまとめられませんが、そのほか気になったことがあればこちらのブログでかまわないので遠慮なくご質問ください。

投稿: のび太 | 2008年1月14日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/17657087

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の練習:

« 無駄足… | トップページ | 手を付けてみたものの・・・ »